【経験発表】問題解決手法としてのXDDPの適用事例紹介(2013-2023年)

イベント名 派生開発カンファレンス2024
時間 10:10~10:55
講演者 株式会社構造計画研究所 本田 英稔
概要 清水吉男氏の提唱したXDDP(eXtreme Derivative Development Process)は、派生開発の QCD(Quality, Cost and Delivery)を向上させる有効なプロセスであることが認識されるようになってきた。しかしながらXDDPの根底には問題解決プロセスがある。ステークホルダー間でプロセス適用の範囲、対象をspecifyしつつ、手戻りを最小限にし、最短で解決を導出した経験について、品質保証のフレームワーク策定と駆動、実証実験プロジェクトの救済、スマートロックサービスの派生開発におけるXDDPの適用の事例を紹介する。あわせて自然な形でのUSDM/TM/PFDの導入およびプロジェクト管理のベースラインにした手法も紹介する。
conference2024-kke (1 ダウンロード )