「派生開発カンファレンス2018」開催案内

派生開発カンファレンスの季節がやってまいりました!
毎年、一般から応募いただいて採択された様々な技術発表と、質疑応答を通じた参加者・発表者間の討論の場を提供していますが、今年は新たな取り組みとして対談セッションを企画し大いに議論します。また、今年もワークショップを企画し派生開発について学びさらに理解する機会を設けております。
今回のテーマは「XDDP 守りつくして 破るとも 離るるとても 本を忘るな」です。派生開発技術を高めてゆくにあたり、前に進みつつも基本を忘れない、本質を見失わないよう、XDDP、USDM、PFDを使った様々な守破離事例について、そこで得た効果や工夫を参加者の皆様と共有してみませんか?
ソフトウェア開発における派生開発を改めて考える機会として、是非会場に足を運んでいただき、情報交換の場として活用してください!

2018年3月吉日

派生開発カンファレンス  実行委員長  池田  暁

開催概要

開催日 2018年 5月 18日(金)
時間 カンファレンス 10:00〜17:30
ワークショップ 10:00〜12:00
情報交換会 18:00〜20:00
会場 横浜市開港記念会館 講堂・第1号室
〒231-0005 横浜市中区本町1丁目6番地

【会場における注意事項等】

  • 会館の利用について
      会館ホームページの「使用上の注意事項」
      ( http://www.city.yokohama.lg.jp/naka/kaikou/faq.html)をご一読ください。
  • 車椅子での来場
        
    • 車椅子で来場の方は、カンファレンス申し込み時に、車椅子で来場の旨連絡事項にご記入ください。
    •   
    • 車椅子利用の方が車で来場される場合には、会館内に駐車可能です。
    •   
    • 車で来場される場合には、会館事務所にお問い合わせください。(電話 045-201-0708)
  • 昼食
        
    • 会場内での飲食はできません。予めご了承ください。

参加申し込み

参加募集

券  種 募集
人数
(*1)
お申込み種別・参加費
会員(*2) 賛助
会員(*2)
協賛団体
会員(*3)
一般
カンファレンス
(本セッションのみ)
250人 3,000円 4,000円 4,000円 5,000円
ワークショップ 40人
*1:ワークショップは、それぞれ満員になり次第締め切りとなります。

*2:派生開発推進協議会への入会申請中の方は、
派生開発カンファレンス2018 事務局まで、お申し出ください。


*3:協賛団体については、下記の協賛リストをご参照ください。

   募集人数 参加費
情報交換会 (*4) 80人 4,000円  (お申込み種別 共通)

*4:情報交換会のみのお申し込みは受け付けておりません。
カンファレンスとセットでのお申込みをお願いいたします。


申し込み方法

こちらから、必要事項を記入してお申込みください。(*5)
お申し込み
※ お困りの際は、こちらをご覧下さい。 よくあるご質問(FAQ)

*5:スマートフォンおよびタブレット端末の一部機種では、お申込みページの
チケット選択肢が正しく表示されない場合があります。
恐れ入りますが、その場合、パソコンなどの端末からお申し込み下さい。
または、派生開発カンファレンス2018事務局までご連絡ください。

募集締切り

2018年5月11日(金)  

個人情報の扱い

お申し込みに際して頂きました個人情報は、派生開発推進協議会が厳重に管理・保管し、当催事への参加者の把握と確認、連絡に使用するほか、今後の当会催事のご案内以外の目的に使用することはありません。

タイムテーブル

時 間 本セッション・プログラム
【講堂】
ワークショップ・ポスター展示
【第一会議室】
9:30〜10:00 受 付
10:00〜10:20 開会挨拶 10:00〜12:00
10:20〜11:00 XDDP導入に躊躇する開発チームへのアシストとは

アンリツエンジニアリング(株) 中村 勝志

【ワークショップ】
PFDハンズオン
講師:派生開発推進協議会 T21研究会
11:00〜11:05  休 憩
11:05〜11:45 USDMでマネジメントシステムを派生開発する
国際標準規格(ISO/IEC/IEEE29119)を組織標準に的確に取り込む改訂作業を例に

IT検証産業協会 林 祥一
11:45〜12:10 ポスターPRタイム
12:10〜13:20 お昼休憩・ポスター展示【第一会議室】
【ポスター展示】
  • 「USDM」の支援ツールの作成をコツコツと始めました 
    (派生開発推進協議会 T15研究会/
    重松 信晶)
  • コード→状態遷移表→状態遷移図→仕様までのスペックアウトの実際 (派生開発推進協議会 T19研究会)
  • T20研究会「モデル主体派生開発ガイド」紹介 (派生開発推進協議会 T20研究会)
  • XDDP導入/定着の失敗事例に対する病理学的処方箋(第一版)の紹介(派生開発推進協議会 T22研究会)
13:20〜14:00 私が始めた“働き方改革”
〜USDM、PFDで仕事は変わる!〜

(株)デンソー 石井 育美
14:00〜14:05  休 憩
14:05〜14:45 オープンソースERPパッケージに対する派生開発手法の提案
〜開発プロジェクトの事例をもとに〜

ハマゴムエイコム(株) 岸 麻美
14:45〜14:50  休 憩
14:50〜15:30 スクラムXの提案
〜MDD/MBD開発へアジャイルXDDP適用提案、および、ライトなUSDMの提案〜

派生開発推進協議会 T6研究会 / 佐々木 俊正
15:30〜15:40  休 憩
15:40〜17:10
【基調対談】
タイトル: 清水代表を偲ぶ   〜 ペアXDDPに込めた清水代表の思いに迫る 〜
講演者: 梶本 和博((株)エクスモーション)、古畑 慶次((株)デンソー技研センター)
17:10〜17:15 休 憩
17:15〜17:25 表彰式
17:25〜17:30 閉会挨拶
カンファレンスのプログラム詳細はこちらをご覧ください。

※ 派生開発カンファレンス2018ではTwitterを活用しています。
 公式タグは #派生開発2018 です。

主催

派生開発推進協議会

後援

  • 独立行政法人 情報処理推進機構
  • 横浜市経済局

協賛

  • 一般社団法人 情報サービス産業協会 (JISA)
  • 一般社団法人 神奈川県情報サービス産業協会(KIA)
  • ソフトウェア技術者協会 (SEA)
  • 財団法人 日本科学技術連盟(JUSE)
  • 日本SPIコンソーシアム (JASPIC)
  • 一般社団法人 PMI日本支部
  • 一般社団法人 組込みシステム技術協会 (JASA)
  • 一般社団法人 日本情報システム・ユーザー協会 (JUAS)
  • ソフトウェア・メインテナンス研究会 (SERC)
  • NPO法人 組込みソフトウェア管理者・技術者育成研究会 (SESSAME)
  • NPO法人 TOPPERSプロジェクト
  • NPO法人 ソフトウェアテスト技術振興協会 (ASTER)
  • Iasa 日本支部 (IASA : An Association for All IT Architects)

主催者情報

カンファレンス委員会

  • 実行委員長 池田 暁 (株式会社日立ハイテクノロジーズ)
  • 副実行委員長 斎藤 賢一 (株式会社エクスモーション)
  • プログラム委員長 山田 謙輔 (株式会社日立情報通信エンジニアリング)
  • 実行委員
  • 秋山 友秀(株式会社エクスモーション)
    厚田 鳴海 (パナソニック ファクトリーソリューションズ株式会社)
    江島 猛 (株式会社リコー)
    小笠 原 秀人 (株式会社東芝)
    小澤 等 (三菱電機メカトロニクスソフトウェア株式会社)
    葛西 孝弘
    梶本 和博 (株式会社エクスモーション)
    河野 岳史 (スパークスシステムズ ジャパン株式会社)
    古畑 慶次 (株式会社デンソー技研センター)
    坂井 昭一朗 (株式会社リコー)
    清水 綾子
    白瀧 伸一 (メルコ・パワー・システムズ株式会社)
    曽我 裕史 (株式会社両毛システムズ)
    高橋 裕之 (ウイングアーク1st株式会社)
    多田 浩之(株式会社ノーリツ)
    永田 敦 (株式会社日新システムズ)
    長友 優治 (株式会社ベリサーブ)
    成田 貴光
    南部 妙水(アンリツエンジニアリング株式会社)
    林 好一 (株式会社SRA)
    福田 一郎 (株式会社小野測器)
    本田 英稔 (株式会社構造計画研究所)
    桝田 秀和 (日本ユニシス株式会社)
    溝田 耕三 (アンリツエンジニアリング株式会社)
    南 栄二 (セイコーエプソン株式会社)
    本山 絢子 (株式会社ベリサーブ)
    松井 淳(コベルコシステム株式会社)
    山ア 崇 (株式会社ベリサーブ)
    山下 和加
    八木 将計 (株式会社日立製作所)
    渡辺 博之 (株式会社エクスモーション)

派生開発推進協議会

  • 副代表 渡辺 博之(株式会社エクスモーション)


その他、お問合せ事項がございましたら、
  派生開発カンファレンス2018 事務局: affordd@event-rangers.jp まで