派生開発カンファレンス

派生開発の現場においては、常に変化する「QCD」に対する市場の要求を満たすために、XDDPやUSDMの導入の仕方や取り組み方も、個々の組織やプロジェクトの事情に合わせて工夫する必要があります。その結果、それらの工夫が功を奏することもあれば、狙ったレベルに達しないこともあるでしょう。 「XDDP」や「USDM」の普及を図るためには、成功事例はもちろんですが、当初の狙いほどにはうまくいかなかった事例も非常に有効です。成功事例は、他の組織においても少し工夫して取り組むことで、同じように成功する可能性を手に入れることができますし、成功しなかった例の場合は、自分たちの取り組みとの共通点を見出すことで、失敗を未然に防止したり、被害を最小に抑えることができます。 カンファレンスでは、こうしたそれぞれの現場で取り組まれた事例を持ち寄って、その取り組みの精度を高めたり、これから取り組もうとしている人たちの指針となる機会とすることを目指します。

また、本会が推進するいろいろな研究会の活動の報告の場となりますので、本会の研究成果を知る機会となります。

今年度のカンファレンス

過去のカンファレンス